So-net無料ブログ作成

言葉があの人をダメにしてしまった [生活]

先日、私と同じ職場を辞め
新たなスタートを始めた部下と食事に行ったのだ

しかし、容姿は変わらないまでも
中身がひどく変貌していたのだった

以前、一緒に働いていたころは
明るく元気いっぱいの子だった

何を任せても頼りがいがあるし
とっても仕事が出来て
他のメンバーからも慕われる存在だった

良い意味で私はこの子は
いずれ会社を辞めて自分の道を切り開いていくのだろうと
確信していた

それほど優秀な人材だと思っていた
ここまでは全て想定内だったし理解していた

しかし先ほど言った通り
しばらくぶりにあったその子は変わってしまっていた

酷く塞ぎ込んで悩んでいる
口数も少なくなっており
不安が滲み出ていた

どうしたのか聞いてみて驚いた

私と同じ場所に務めていたころとは違い
『職務中にまったく会話が無くなってしまった』のだ。

気さくに話して仲間との日常会話や
何気ない趣味の話から良いアイディアが生まれる

そんな考え方をしている
ウチの職場でずっと働いてきたその子は今、
ほぼ会話の無い職場に身を置いている

お昼なども一緒に食事するにも関わらず
必要以外の話はないとのこと

・・・。
もしそれが自分だったら・・・

間違いなく耐えられないだろう
職場に楽しみを求めるものではないかもしれないが
度が過ぎればその仕事場に行きたくなくなるものだ

仕事内容がキツく辛くても
良き仲間がいる場合はお互いに助け合えるし
頑張ろうと思える

だが、その子が置かれてる状況はどうだろうか?
誰もお互いに喋らない・・・

塞ぎ込むのも無理は無いと納得してしまった

私はその子に出来る限りのアドバイスをしてあげた
私に出来る事は話を聞いてあげてガス抜きを
してあげることくらいしかできない

それでもその子は私に心から感謝を述べてきた
そんな前向きで素直な頑張り屋さんである

どうにか解決策をもとに
負けずに働いていってほしいと願った

言葉と言うのは良くも悪く絶大な力があるのだなと
改めて感じさせられました





タグ:言葉

共通テーマ:日記・雑感
Copyright © イベントあれこれ♪ちゃんと用意した? All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。